えるえりブラッキースタンver.ORAS[シングル厨予選10-0,ベスト32]

どうも、しろねこです(*^し^*)

本稿では、1/10シングル厨で使用した

ブラッキーを軸にした構築を紹介させて頂きます。

内容の構成としては以下の通りです。

 

1.パーティ概要

2.個別解説

3.その他諸々の話

4.終わりに

 

かなり愛着あるPTであるせいか文章自体もかなり長くなっております()

お暇な時にでも目を通して頂けたら幸いです。では、早速パーティ概要を。

※内容に誤りがあったり、追加情報があれば随時更新します。

【XY構築】えるえりブラッキースタン【最高:2162】 - えるえり、レートの道をゆく。 のORASに対応した形です。 

 

1.パーティ概要 

パーティの並びは以下の通り。

f:id:erupoke:20141223011806p:plain

ブラッキーゴツゴツメットイカサマ守る欠伸願い事精神力
メガゲンガーメガ石シャドボ凍える風気合玉身代わり影踏み
ロトム拘り眼鏡ドロポン10万ボルチェントリック浮遊
ファイアロー力の鉢巻ブレバフレドラ剣の舞羽休め疾風の翼
ニンフィアカゴの実ハイボめざ炎眠る瞑想フェアリースキン
ガブリアス拘りスカーフ逆鱗地震エッジ炎の牙鮫肌

実績としては以下の通り。

 [シングル厨]

 予選10-0

決勝トーナメント一回戦負け

 記事に信憑性を持たせるために実績を記すスペースを設けました。


個人的な目標として、

短期間でこのパーティに順応すること

を掲げてきました。

そういった意味では、満足の行く結果が出せたのではないかと思います。

ただこれから、私自身が就職など現実的な問題と向き合わないといけないため、しばらくレートに潜る機会はなくなります。

そこで一時的に(?)構築を公開し、例えば、ブラッキーは好きだけど上手く構築が組めないって方の少しでも助けになったり、この記事を見てブラッキー使ってみようかなって方が増えたりしてくれればなと考えています。

とにかく少しの方々にでも、どこかしらに需要があれば幸いです。

では、個別紹介へ移ります。

 

 

2.個別紹介

 

f:id:erupoke:20141025002728g:plain

ブラッキー @ゴツゴツメット

実数値:202(252)-*-177(244)-*-150- 87(12)

性 格:図太い

特 性:精神力

技構成:イカサマ/守る/欠伸/願い事

H:願い事の回復量考慮 偶数

B:残り

S:4振り65族抜き(=4振りハッサム

 

〇HBダメージ目安

【vsメガガルーラ

陽気メガガルーラの恩返し 87~103

陽気メガガルーラの捨身タックル 100~120

意地っ張りメガガルーラの恩返し 96~114

意地っ張りメガガルーラの捨身タックル 112~132

 

ブラッキーを使用した上での感覚としては、概ね恩返しには受け出すことができて捨身タックルにはできない。ただし、ゲンガーと組ませていることもあり、ある程度安心してガルーラに対して投げることができる。なお、捨身タックルを受けた場合、受け切ることはできないが、ゴツゴツメットのダメージと捨て身タックルの反動ダメージで後続の子の攻撃圏内になる。対面なら、基本的にどんな型のガルーラにも打ち勝てる。しかしながら、冷Bまたは冷Pによって凍らされると勝てない。

 

【VSその他】

陽気ガブリアスの逆鱗が確定3発(34.3%~40.7%)

意地っ張りガブリアスの逆鱗が確定3発(37.8%~45.2%)

意地っ張り鉢巻ガブリアスの逆鱗が確定2発( 56.7%~67.1%)

陽気メガカイロスの剣の舞恩返しが18.8%の乱数1発(86.6%~102.4%)

陽気メガリザの竜舞逆鱗が確定2発(74.2%~87.6%)

陽気メガギャラの竜舞滝登りが確定3発(39.3%~46.7%)

意地っ張りガルドのA2↑聖なる剣確定2発(84.5%~99.5%)⇒落ちたら命の珠

意地っ張りメガボーマンダの龍舞捨て身タックルが確定2発(79.2%~94%)

陽気メガロップの飛び膝蹴りが確定2発(77.2%~92%

 

〇HDダメージ目安

臆病ラティオス眼鏡流星群が確定2発(67.1%~79.1%)

冷静ガルドのラスカノが確定3発(33.3%~40.2%)

臆病C252メガゲンガー気合玉が確定2発(67.3%~79.2%)

 

【採用理由について】

嫁であり、構築の軸。主には、環境トップメタであるメガガルーラガブリアス・メガボーマンダを初めとする高火力物理アタッカーを幅広く相手にでき、ストッパーになりうると期待したことが挙げられる。また、特殊方面の耐久もかなり信頼できる数値であるためサイクルを回す上で使いやすいだろうとも考えた。加えて、6世代から通りの良くなった霊の一貫性(主にギルガルド)を消すというのも採用理由である。ゲッコウガにも割と後出しいけます。

 

【持ち物について】

ゴツゴツメット一択。理由は、ゴツメダメ込みで相手にする子が多いため。

※ゴツメのダメージ量:最大HPの1/6

 

【特性について】 

精神力とシンクロですが、正直どちらでも良い。使用者の好み次第。

私は、精神力で使ってました。理由は、雪崩ガルーラを許さないため

 

【技構成について】

こういう物理受けの型の場合、イカサマと回復技(月の光or願い事)は確定でしょう。

それを踏まえた上で、今回は【イカサマ/願い事/欠伸/守る】の子を採用。

苦手な子を流したり・眠らせたりすることで強行突破・起点作成を可能にする欠伸

自身も天候に左右されず回復でき、またサイクルを回す上で味方のHP回復の補助もできる願い事。最後に、願い事・欠伸とシナジーのある守る

一応、この守る採用により、飛び膝蹴り読み守るでバシャーモやメガロップに勝てる可能性が生まれたり、鉢巻ガブリアスに受け出した場合にも混乱自傷の可能性が生まれるのでかなり使いやすかった。無論、毒々が欲しい場面もあるが今回は欠伸。この欠伸があることで選出時はしっかり仕事ができました。

 

 

f:id:erupoke:20141105173018g:plain 

ゲンガー @ゲンガナイト

実数値:143(60)-*-101(4)-214(188)-116(4)-200(252)

性 格:臆病

特 性:浮遊 ⇒ 影踏み

技構成:シャドーボール/凍える風/気合玉/身代わり

H:身代わり×1(35)+4振りクレセのサイキネ・ショック(86~104)確定耐え

C:4振りメガボーマンダが凍える風で81.3%の高乱数1発

S:最速

 

 〇Cのダメージ目安

 〈シャドーボール

・H252クレセリアに対して確定2発(58.1%~68.7%)

・H252サンダーに対して28.1%の乱数2発(44.6%~53.2%)

・H252スイクンに対して確定3発(34.7%~41%)

・H252メガバナに対して確定3発( 36.8%~43.8%)

・H212D12ドランに対して確定3発(39.3%~46.6%)

〈凍える風〉

・H4振りメガマンダに対して81.3%の乱数1発( 95.9%~114.6%)

・H212振りグライオンに対して確定1発(106.2%~126.5%)

・D4振りガブリアスに対して56.3%の乱数1発(91.8%~109.2%)

〈気合玉〉

・H244輝石ポリゴン2に対して確定2発(58.6%~70.1%)

・H244ポリゴン2に対して31.1%の乱数1発(89%~104.7%)

・砂下H252振りバンギラスに対して確定1発(104.3%~123.6%)

・H212D12ドランに対して確定2発(78.7%~93.2%)

・H252ジバコイルに対して81.3%の乱数1発(97.1%~115.2%)

・一応、ルカリオキリキザン辺りは確定1発

 

【採用理由について】

メガ枠の中から、ブラッキーとの相性補完を考えて採用。また、環境トップクラスの素早さで上から攻撃を叩き込む・特性影踏みによる相手のサイクルカットを行うためにPTに組み込んだ。後述するニンフィアファイアローの苦手な子を捕まえて確実に潰して貰う。おまけとして、ブラッキーと合わせてメガガルーラへの牽制も行う。本大会におけるMVP。

 

【技構成について】

6世代になり通りの良くなったメインウェポンとなるシャドーボールは確定採用。

次にポリ2クレセリアサンダーの電磁波を避けたり、メガバナモロバレル辺りの補助技を避けるために身代わりを採用。また有利対面で身代わりを張ることで相手の様子を伺いながら行動できたり、気合玉の試行回数を稼げるのも良い。

次に、PTで呼びやすいバンギラスやヒ―ドランに打ち込むための気合玉を採用。最後に、ボーマンダ意識した凍える風を採用。凍える風の採用で、XYの時より初手襷ガッサ、ガブや霊獣ランドのステロ展開にも多少強くなっている。

XYの時のように、ヘドロ爆弾が欲しい場面はあるが、ニンフィアサーナイトも一発では落とせないためその子達は基本的にファイアローに任せることにした。ピクシーに関しては、個体数的に対策を薄くなっている。万が一出てきた場合は、後述する水ロトムのトリックで無理矢理対応することにした。

 

 

f:id:erupoke:20141104020050g:plain

ロトム水 @拘り眼鏡

実数値:141(124)-*-128(4) -144(148)-129(12)-147(220)

性 格:臆病

特 性:浮遊

技構成:10万ボルト/ハイドロポンプ/トリック/ボルトチェンジ

H:残り(意地っ張り鉢巻アローのブレバが確定3発)

C:H振りサンダーを10万ボルトで確定2発になるまで

D:ダウンロード対策

S:最速81族抜き(=メガギャラ)

 

〇Cのダメージ目安

〈10万ボルト〉

・H振りミトムを確定2発( 54.1%~64.9%)

・H振りマリルリを確定1発(105.3%~124.6%)

・H振りサンダーを確定2発(50.2%~59.3%)

・H振りスイクンを確定2発( 78.2%~92.7%)

・H4振りメガギャラドスを25%の乱数1発(88.2%~103.5%)

穏やかH252D252サンダーを確定3発(35.5%~42.6%) ⇒ 気をつけること!

ハイドロポンプ

・慎重HDカバルドンを43.8%で乱数1発(90.2%~106.9%)⇒大体のカバ確1

・砂下H振りバンギラスを確定2発( 72.4%~85%)

・無振りガブリアスを確定2発 (69.3%~81.9%)⇒当てればアローのブレバ圏内

・無振りメガリザXを確定2発(83%~98.6%)⇒ 舞われてもガブの鮫肌圏内

 

〇HBダメージ目安

意地っ張りA252鉢巻ブレイブバードが確定3発( 41.8%~48.9%)

・陽気A252ガブリアスの逆鱗が確定2発(68.7%~81.5%)⇒飛んだら鉢巻

・意地っ張りA252マリルリのじゃれつくが確定2発(63.8%~75.1%)

 

【採用理由について】

主に、水の一貫性を切る・ゲンガーやファイアローの苦手とする【高耐久水/地面/岩】への対策として採用。またブラッキーでは相手にすることのできない鬼火羽休めファイアローへの回答としての意味合いも持つ。眼鏡ボルトチェンジで負荷をかけつつサイクルを回し、有利対面を作りたかったりもする。

 

持ち物について

ファイアローの呼ぶ物理受けサンダーや瞑想スイクンを意識して眼鏡を所持。これにより、相手の想像を遥かに上回る火力がでるため意表がつける。一例ではあるが、ボルトチェンジ+ハイドロポンプでH振りのメガヘラが見れたり、HDクレッフィ動けば余裕で見れたり。また、ボルトチェンジでサイクルを回す際にもかなり負担をかけることができる。 このPTでミトムを使うなら眼鏡一択…だと思います。

 

【技構成について】

メインウェポンの10万ボルト/ハイドロポンプを確定採用。サイクルを回すためのボルトチェンジ。耐久ポケモン・害悪ポケモンを潰すためのトリック。個人的にはこれ以外の選択肢はありませんでした。目覚めるパワーの有無はPT単位で相談かと。

 

【その他】

ミラコスイクンが減り・零度スイクンがいなくなったおかげでスイクンにはかなり安定した。瞑想スイクンにお困りの方は是非()

 

f:id:erupoke:20141223162329g:plain

ファイアロー @力の鉢巻

実数値:175(172)-146(252)-91-*-100(84)-146

性 格:意地っ張り

特 性:疾風の翼

技構成:ブレイブバードフレアドライブ/剣の舞/羽休め

H:2n-1(ステルスロック意識) 

A:剣の舞力の鉢巻ブレイブバードH4振りガルガブ確定1発

D:クレセリアサイコキネシスが確定4発

 

〇Aダメージ目安

ブレイブバード

図太いB252ハピナスに対して92.6%の乱数2発(48.4%~57.2%

・図太いB252輝石ラッキーに対して確定3発(36.3%~42.7%

・図太いB252無輝石ラッキーに対して確定2発(53.8%~63.6%

・H252のメガサナに対して確定2発(72.5%~86.2%)

メガリザードンYに対して確定2発(72.5%~86.2%)

・H4振りメガボーマンダに対して2.7%の乱数2発(42.6%~50.8%)

・H4振りメガギャラドスに対して98.4%の乱数2発(49.1%~58.4%

フレアドライブ

・H振りメガクチートが75%で乱数1発(96.8%~114.6%)

・図太いH252B252サンダーに対して確定3発(37%~44.1%

<剣の舞力の鉢巻ブレイブバード

・図太いB252ハピナスに対して81.3%の乱数1発(96.6%~113.9%

図太いB252輝石ラッキーに対して確定2発( 72%~84.9%

図太いB252無輝石ラッキーに対して確定1発(107.3%~126.7%

・H4振りメガガルーラが確定1発(100%~118.2%)

・無振りガブリアスが確定1発( 103.2%~121.8%)

・H4振りメガボーマンダが6.3%の乱数1発(84.7%~100.5%

・HBクレセリアが確定2発(50.6%~59.9%)

・HB輝石ポリゴン2が93.8%で乱数2発( 48.4%~57.8%)

<剣の舞力の鉢巻フレアドライブ

・HBサンダーが確定2発(73.6%~87.3%)

※ちなみに、剣の舞力の鉢巻ブレバが36.5%~43.6%。

バシャの守る読み剣の舞が決まるとサンダーは受けきれません!怒(訳:初手思考停止で守らないで)

 

〇HDダメージ目安 

・控えめC252メガリザードンY晴れオバヒが確定2発(72.5%~85.7%)

・臆病C252メガリザードンY晴れオバヒが確定2発(66.2%~78.2%)

・控えめC252メガリザードンY晴れ火炎放射確定2発(50.2%~59.4%)

・臆病C252メガリザードンY晴れ火炎放射が51.6%の乱数2発(45.7%~54.2%)

・控えめC252メガサーナイトハイパーボイスが27.7%の乱数2発(44.5%~53.1%)

・臆病C252メガサーナイトハイパーボイスが確定3発(41.1%~48%)

・無振りスイクンの熱湯が確定2発( 58.2%~68.5%) 

 

 【採用理由について】

素早い高火力格闘タイプ(主に、バシャーモ)への手っ取り早い回答としてPTに組み込んだ。リザYニンフサーナイト辺りに投げる子が欲しかったというのもある。優秀な特性により、低耐久のポケモン・ある程度削れたポケモンは先制ブレイブバードで縛ることができることや、一度剣の舞を積んでしまえば簡単には止まらない全抜き性能の高さも採用理由として挙げられる。

 

努力値について】

XYシーズン1から使っているHADアロー。始まりはメガバナ意識だったが、今ではリザYニンフィアサーナイト辺りにポンポン投げるので、特に努力値を弄ってません。このD振り絶妙です。かなりオススメ。

 

【持ち物について】

 珠ダメを嫌いつつ、火力UPを求めた結果の力の鉢巻。

メガクチートへのフレドラの乱数が変わるためプレートより力の鉢巻派。 

 

【技構成について】

格闘への打点と特性を活かした攻撃であるブレイブバードは確定採用。ここまででナットレイクチートが重く、また電気への打点が欲しかったのでフレドラ採用。受けだすことが多いので回復技である羽休めを採用。メガゲンガーに出てきやすいスカガブやミトム・ブラッキーに出てくるニンフィア辺りを起点に全抜きするために剣の舞を採用。

 

f:id:erupoke:20141206182319g:plain

ニンフィア @カゴの実

実数値:201(244)-*-100(116)-158(112)-151(4)-84(34)

性 格:控えめ

特 性:フェアリースキン

技構成:ハイパーボイス/めざパ(炎)/眠る/瞑想

H:地球投げ4回耐え

B:意地っ張り鉢巻ガブリアス地震確定耐え

C:残り

S:同速意識(=ニンフィアやポリゴン2)

 

〇Cダメージ目安

ハイパーボイス

・H177グライオンが確定2発(63.2%~75.1%)

・H振りカバルドンが確定2発(54.4%~64.1%)

<C1↑ハイパーボイス

・H177グライオンが75%の乱数1発( 95.4%~112.4%)

・H振りサンダーが確定2発(73.6%~87.3%)

・H191輝石ポリ2が95.3%の乱数2発( 48.6%~58.1%)

<めざ炎>

・H振りナットレイが確定2発( 61.8%~72.9%)

・H振りメガハッサムが確定2発(72.3%~85.8%)

<C1↑めざ炎>

・H振りナットレイが43.8%で乱数1発( 90.6%~108.2%)

・H振りメガハッサムが確定1発( 106.2%~126.5%)

 

〇HBダメージ目安

・意地っ張りメガバシャのフレドラが確定2発( 82%~97%)

・意地っ張り鉢巻ガブの地震が確定2発(82.5%~97.5%)

・意地っ張り鉢巻ガブの毒づきが25%の乱数1発(88.5%~104.4%)

・無振りグライオン地震が確定3発( 33.3%~40.2%)

・意地っ張りカイリュー竜舞珠地震が確定2発(77.6%~92%)

・意地っ張りメガハッサムのバレパンが確定2発(78.6%~93.5%)

・意地っ張りマリルリのじゃれつくが確定2発( 58.7%~70.1%)

 ※ちなみに、アクジェが(26.8%~31.8%)なので対面なら打ち勝ちうる

 

【採用理由】

サンダーポリ2クレセリアなどアローに強い子に対して強いと判断して採用。とはいえ、お相手の特殊アタッカー全般に強いのも魅力的。また、PT全体で龍と悪の一貫性を消すことや、ここまでで重たいグライオンエルフーンを初めとする無限型を対策したかったということも採用理由として挙げられる。

 

【型について】

瞑想ねむかご型です。純粋な積みアタッカーとしても、また催眠対策にとしても使いやすかった印象。サイコショックは正直打つ相手がいないなぁと思ったので不採用。ゲンガーやバナは他が相手をしてくれるため、特に困らなかった。めざ地とめざ炎はPT単位で選択になるかと。個人的には、バシャサンダーナットの並びや高耐久水+ナットレイを見てもらいたかったのめざ炎を採用。この型だと、不意の毒キンシガルドにも対応できる。また、積んでしまえばリザYを見れたりも。

 

努力値について】

基本的に、瞑想を積んで殴ることを想定していたため、Cを削ってBに割いた。PT的にガブリアスが少し重かったりするので意地っ張りガブリアスの鉢巻地震を確定で耐えるまで振ってある。それにより役割対象であるグライオンとも安心して戦えるが、ギロチンは非考慮。ローブシンに投げたりもするのでBに振っていてよかった。

 

【その他】

・めざ炎は交代読みでバンバン打ちましょう

・瞑想を積めなくても、状態異常回復・受けだすための体力回復の眠るは有用

 

 

f:id:erupoke:20141223162051g:plain

ガブリアス @拘りスカーフ

実数値:183-200(252)-115-*-106(4)-154(252)

性 格:意地っ張り

特 性:鮫肌

技構成:逆鱗/地震ストーンエッジ/炎の牙

A:極振り

D:残り

S:極振り

  

【採用理由について】

PT全体で岩/電気/アローや水ロトムで相手しずらい炎(リザードンエンテイ)の一貫性を消すために採用。また、高い選出誘導能力も魅力的。

 

【持ち物について】

ボルトロスライコウメガルカリオメガゲンガーがきついためその辺りに強くなるようにスカーフを持たせて採用。また、PT的に起点の多いメガバンギやメガギャラやカイリューに積まれた後でも上から殴ることができるのも悪くない。意地っ張りであるため陽気メガリザXに龍の舞をされると上を取られることになるが、そこは逆鱗打たせることでニンフィアブラッキーで上手いこと処理する。ドラクロは非考慮()

 

【技構成について】

メインウェポンである、逆鱗と地震は当然採用。岩技の枠は、雪崩とエッジで悩んだがボルトロスへ与えるダメージ量を考えてエッジ。ラストはハッサムナットレイと対面した時に打つ炎の牙。この枠は寝言や毒づき、ドラクロでも良いかと。

ストーンエッジ

H4振り化身ボルトが確定1発( 108.3%~127.7%) ※雪崩だと確定2発

 

3.その他諸々の話

〈使用感について〉

後述しますが、きつい相手はいます。ただ、その子達も勝てないわけではないです。

どんなPTにも概ね対応できるのが、このPTの強みだと考えてます。

ただ、気合玉ハイドロポンプストーンエッジといった具合に三大当たれば強いけど当たらない技を採用しているのが唯一にして最大の欠点。外して負けた試合がいくつあったことか、でも逆にこの技のおかげで勝った試合がいくつあったことか!笑(本大会では気合い玉かなり当てました!)

総合してみると、圧倒的に勝った試合が多いです。だから、採用してます。笑

外して負けた対戦の後は太ももでもパンチしながら、パルレしましょう。

少しの間でも使って愛着があると自然と許せてきます()

 

〈辛いポケモンについて〉

クチクレセ ポリクレセが非常に重たいです。一体を犠牲にしてクチートを削って、その後三日月の舞いをさせないこととトリルを張るすきを与えないように立ち回る必要があります。それ以外は、先述の通り、選出と立ち回りと運次第でかなり広く対応できます。

 

〈選出と立ち回りについて〉

基本的な選出は以下の通り。

 

①ゲンガー+ブラッキー+ α

②ゲンガー+ロトム水+ α

ロトム水+ファイアロー+ α

ロトム水+ガブリアス+ α

ブラッキー+二ンフィア + α

 

概ね、③>②>①=④>⑤ の選出率でどれかには該当します。

詳しい選出と立ち回りについては、現在自分用にまとめてあった選出・行動シミュレートの記事をえるえりさんが整理しているところですので少々お待ちください。参考程度に、下に一例載せておきます。BV見たら分かりますが、このPTというかえるえりさん自身が交代読みの行動を頻繁にするので、人によっては名人気取りwキモwなんて思うかもですね。ただ、長いこと使ってきた上で感覚で動いているので、名人を気取ってるつもりは一切ありません。ただのWCめいじんです。一応、そこだけ分かって頂けたらなと思います。

 

■バシャナットサンダー系統

f:id:hiroki940314:20140922102851p:plainf:id:hiroki940314:20140922143757p:plainf:id:hiroki940314:20140922143908p:plain

この構築に対しては、f:id:erupoke:20141118053640g:plainf:id:erupoke:20141118053701g:plainf:id:erupoke:20141118053715g:plainという選出。

残り三体が誰であっても概ね対応できる…はず。

基本的にはサンダーとニンフィアを対面させてナットレイ交代読みめざ炎を打ち込んで対戦を優位に進めていくこと。気をつけなければならないことは、アローのことを考えて可能な限りステルスロックを撒かせる隙を与えないこと。お相手の初手であるが、人によってそれぞれであるため断言するのは難しい。私はアローを初手に投げることが多いです。

【参考BV】HK3G-WWWW-WWWW-KZQ5

 

4.終わりに

非常に長くなりました()申し訳ないです。ただ、語りたかったんです()

ここまで読んでくださった方には心から感謝です。ありがとうございます。

中には決勝トナメ1落ちの記事とかwって思う方もいるでしょうけど、総括くらい許してください。笑

レート潜らないとか言いつつたまーに潜ってるかも知れません。笑

もしマッチングしたらよろしくお願いします(*^し^*)

うん…これで以上になります!それでは! twitter:@rue_pk


http://erupoke.hatenablog.com/entry/2015/01/06/192348

えるえり、レートの道をいく

よりほぼ全て引用したネタ記事です。

構築を快く貸してくださったえるえりさん!本当にありがとうございました!このパーティと共にとても楽しい時間を過ごせました。


なかなか見ない並びではあるけれど、綺麗に組まれたパーティだなあと使っていて感じました。皆さんも興味湧いたらぜひ使ってみてはいかがでしょうか!では!

【S6使用構築】ポリ2クチート〜絶対零度を添えて~【最高レート2044】

こんにちは、しろねこです。投稿します。

S6最後だけ潜ったからって、久々に構築記事なんて書いてみます。
まぁ見てやろうって方はどうぞ。


使用構築
ポリ2クチート
おそらくS4最も流行った構築の一つであるトリルクチートを軸にした構築。
最高レート2044
最終レート1904

以下パーティをサラッと紹介
特性抜けてて表を作り直すのが面倒やったとかいうことはおそらくなかった。

性格等持ち物技1技2技3技4
ポリゴン2控えめHC輝石冷凍ビーム10万めざ地トリル
クチート意地HAメガ石じゃれつく不意打ち叩き落とす剣舞
ドリュウズ意地ASスカーフ地震アイヘ岩雪崩つのドリル
ゲンガー臆病CSメガシャドボこごかぜ道連れ挑発
ファイアロー意地HASプレートブレバフレドラ剣舞羽休め
スイクン呑気HBチョッキ熱湯冷凍ビーム絶対零度神速

パーティの軽い解説
基本的にはポリ2+クチート+1体で選出。
トリル軸の割にSが高いポケモンが多いのは、ポリ2がトリル始動役兼特殊ATだから。
ポリ2が場持ちするので、トリルの切れた終盤はアロー、ドリュウズで上から縛ります。
スイクンが零度を当てるか当てないかが1番大事。


個別解説

ポリゴン2(NN:トレソト

191(244)-x-112(12)-171(252)-115-80
特性:ダウンロード
今ではメジャーなDLポリ2
トラアタ切ってるのは珍しい気もするが、抜群範囲を考えて冷ビ10万
パーティがスイクンサンダー辺り重めだったので良かったように思う。
ステロランド始動のルカアローなどは三タテできることもしばしば
この構築の要。
めざ地がギルガルドへの打点になって地味に助かった。

クチート(NN:くちたん)


157(252)-150(252)-105-x-75-71(4)
157(252)-172(252)-145-x-115-71(4)
特性:威嚇
トリル下でのエース。制圧力は凄まじい

トリルターンを稼ぎにこられることがあるので、その間に剣舞を積んで不意打ちで縛って勝ち
なんて試合も多かった。
択ゲーが凄まじく多い。感性を信じましょう。
あとじゃれつくは当たる。
正直Sの4振りはいらない、耐久に回しましょう。

ドリュウズ(NN:ドリ○ン)
186(4)-205(252)-80-x-85-140(252)
特性:型破り
型破り地震の通りがよく、受け出しも並の耐久では厳しいので、有利対面を作れば結構なアド
トリル終了後の抜きエースや、初手に雑に投げていく感じで使っていた。
つのドリルで負け試合を3割で拾えたことも少なくなく、選出率も堂々の4位

ゲンガー(NN:タスキ)

135-x-81(4)-182(252)-95-178(252)
特性:浮遊
メガこごかぜゲンガー
ポリ2クチートでどうしても厳しいハメ系を誤魔化す枠
後は重いガルーラを誤魔化したり、とりあえずなにかしらの仕事はしてくれるポケモン
襷ガッサ対面はこごかぜから。ガッサ引くな。

ファイアロー

ファイアロー(ケイスケさんの色違い)
175-146-95-x-90-153
特性:疾風の翼
努力値はAぶっぱSが準速100族抜きの配分のアロー
元々はフレドラの枠が鬼火だったが、ポリ2のめざパが炎から地面に変わったのでフレドラ採用。
主にバシャ入りに出す感じ。出したら何かしらしてくれる枠その2

スイクン

207(252)-x-95-183(252)-111(4)-135-94
特性:プレッシャー
チョッキ零度スイクン。選出率はめちゃくちゃ高い。初手有利対面作ったら零度ぶっぱ。当てたら勝ち。
正直ミラコは欲しかったけど切れる技がなかった。
みがわりスイクンやめて。



使用感等
S6ではトリルポリ2の認知度も低くなく、奇襲はできませんでした。ポリ2ドラン対面でドランが引いてきたりとか。
ガルボルトランドスイクンガッサが流行りすぎてて白目。
月曜に使い始め、1650→1898。火曜に1898→2014。水曜に2044まで上がるもそこから連敗で結局最終は1904。2044までは運がよかったので見事に収束。プレイング面も悪かった。
使っててきついと思ったポケモン(構築)
キノガッサビビヨングライオンなどのハメ系
バシャサンダー(特にバシャ)
ボルトランドガルーラ
クチート
ナットレイ
他にもギルガルドやら気合玉ボルトやらきついのはいました。
まぁ最悪きついポケモン絶対零度当てたら落ちるんで()
ただ2100行くぞ〜って潜ってたら零度外しまくって、6試合で100溶かしたので、絶対零度はやっぱりクソ。

何かご不明な点があればtwitter:pokenisyrupまでどうぞ。

構築を貸してくれたナカさんに多大な感謝。
参考文献
ナカ(2014),http://ch.nicovideo.jp/pokenisyrup(アクセス日:2014/11/13)



ここからはXYの振り返り。
初めてしっかり育成して対戦を始めたのが今作。時間はたくさん使ったけれど楽しかったからよし。ポケモンを通して知り合えた方々との絡みも楽しかった。感謝。
最終結果は
S1 1609(最高1700台)
S2 2009(最高2009)
S3 メイン2025(最高2114)
     サブ2114(最高2114)
S42000 (最高2000)
S5 1919(最高1981)
S6 1904(最高2044)
ポケセン杯東京店1位抜け。1位トーナメント優勝。

こんな感じでした。ではまた次回作で会いましょう。

命中不安技のリスク

どうも、こんにちは。

 

早速本題ですが、この「技外し」というものは、ポケモンに付き物です。「ここで当てれば勝ち!」からの「は?」なんてこと、みなさん今まで数え切れぬほどあったのではないでしょうか。

 

今回は、低命中技が抱えるリスクを「数字」でまとめていきたいと思い、パソコンを立ち上げた次第です。特に難しい計算をするわけではありません。手計算で簡単にわかることですが、「数字」を頭の中に入れておくことは有用でしょう。

 

*当たり前のことしか書いていないのでご注意を!

 

[確率について]

f:id:sironeko-pokemon:20140813183958g:plain

このポケモンを例にあげてみましょう。水ロトムです。私は、このタイプ・特性共に優秀なポケモンのことをいまいち信用しきれません。「ハイドロポンプ」という技が当たらないからです。

 

左はハイドロポンプの試行回数。%は全弾ヒットさせる確率です。

1回...80%

2回...64%

3回...51.2%

4回...40.9%

5回...32.7%

 となります。意外と当たるんですね。こんな当たらねえよ!!!

 

ではハイドロポンプを5回打って、何回外す可能性があるのかについても見てみましょう。左は外す回数、%はその確率。

0回...32.7%

1回...40.9%

2回...20.4%

3回...5.12%

4回...0.64%

5回...0.032%

1回は外すと見るのがいいでしょうか。 

 

実際の対戦では5回打つことはありませんね。2回打つとどうなるでしょうか。

左は外す回数です。

0回...64%

1回...32%

2回...4%

2回とも命中させることができる確率は、きあいだまの命中率より低いです。

 

ここまでに挙げた数字を高いとみるか、低いとみるかは、人それぞれです。この外すリスクよりもその技を採用することで得られるリターンが大きいならば、採用すべき技となりますね。

 

表にまとめてみました。

2回試行して、技をその回数外す確率 

  0回 1回 2回
95技 90.25% 9.50% 0.25%
90技 81.00% 18.00% 1.00%
85技 72.50% 25.50% 2.25%
80技 64.00% 32.00% 4.00%
70技 49.00% 42.00% 9.00%

 

3回試行して、技をその回数外す確率

  0回 1回 2回 3回
95技 85.70% 13.50% 0.71% 0.01%
90技 72.90% 24.30% 2.70% 0.10%
85技 61.40% 32.50% 5.70% 0.33%
80技 51.20% 38.40% 9.60% 0.80%
70技 34.30% 44.10% 18.90% 2.70%

 

本当に簡単にですが、まとめてみました。個人的には、やはり命中は90以上で固めたいですね...。

 

実際に対戦での勝率について見てみましょう。

例えば命中90技のじゃれつくを頻繁に使用するこのポケモン

f:id:sironeko-pokemon:20140813192540g:plain

 マリルリが2回中2回じゃれつくを当てなければ勝てない試合を考えましょう。

勝率は81%となります。なんだ勝てるじゃないか、と思うかもしれませんが、逆に言うと、勝ちだと思っていた試合でも19%で負け。約5試合に1回は負けます。5試合に3回あったら台パンしましょう

ちなみに3回中2回当てる必要がある試合では97.2%の勝率になります。だいぶ安心できる数字になりますね。

 

実際の対戦では、自らが使用する技の命中に加え、相手方の技外し・追加効果・急所等が大きく試合結果を左右する場合もあります。ですが、パーティ構築の段階で、自分側でその危険因子を少なくすることは、安定した勝利につながるはずです。個人的には命中90技以上で固めたい。

ただし、命中安定で固めることが強いか、と言われるとそんなことはないと思います。命中不安技はリスクがある分、強力な技ですからね。

 

  [まとめ]

タイプ一致の高威力技を「命中安定」で放てるガブリアスはやはり主人公ですね。

f:id:sironeko-pokemon:20140813193544g:plain

第二回ラグラージ杯 結果

f:id:sironeko-pokemon:20140623155208g:plain

 

7/4に行われました、第2回ラグラージ杯!今回は32名の方にご参加いただきました。たくさんのご参加ありがとうございました!

  

さっそく結果についてです。

 

優勝 kagaさん

準優勝 らいらいさん

3位 ユウさん

4位 シンクさん

という結果になりました!優勝されたkagaさん、おめでとうございます!決勝でのゲンガーの活躍が印象に残っています。入賞されたらいらいさん、ユウさん、シンクさんはじめ、参加者の方々、大変お疲れ様でした!そしてありがとうございました。

 

決勝BV

4X3W-WWWW-WWW8-AN23

 

ラグラージが活躍するのはなかなか難しい環境だったようですが、今大会のラグラージのKPは1位でした。さすがラグラージですね。(滑ってる)

 

では最後に。

拙い運営の中、みなさんの助けもあり、無事に大会を終えることができてほっとしています。今回の大会を通して、みなさんに少しでもラグラージの良さを知ってもらえていたら僕はうれしいです。次回、というのは全くの未定ですが、またのご参加をお待ちしています。

f:id:sironeko-pokemon:20140706142150p:plain

 

第二回ラグラージ杯のお知らせ

第二回 ラグラージ を開催することにしました。

ラグラージのことが好きな方、あんまりだなって方、どなたでも大歓迎です!この機会にラグラージを育てて、ラグラージを好きになりましょう!!

 

f:id:sironeko-pokemon:20140623155208g:plainかわいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

 

 

以下日時、ルール等についてのお知らせになります。参加をご希望の方は

@wcmeijin 

このツイッターアカウントまでTN・フレンドコードを添えてご連絡ください。

このページの最下部に参加者リストを書いておきます。そこに名前があれば、こちらで把握しているということでよろしくお願いします。

 

[日時]

7/4(金) 20時~   点呼開始 

     20時30分~ 対戦開始 

[景品] 

優勝 育成済みラグラージ NNしろねこ

準優勝 5VA0クレセリア (教え技、NN変更あり)

[進行]

・CASで運営しようかと思っています。勝利報告は勝者がお願いします。

・足並みは揃えずに対戦相手が決まり次第、順次対戦を始めていってください。 

・決勝はBVを保存してください。決勝は書くまでもありませんが、降参禁止です。全力プレーで!

[ルール]

ラグラージ絶対選出

・シングル6350

・参加可能ポケモンおよび対戦ルールはレーティングバトルに準拠。
・トーナメント方式。

・PT、持ち物の途中変更可能。

・TOD禁止

[その他条件]

・30分経っても決着がつかなかった場合は、ラグラージの残っている方の勝ち。それでも決着がつかなければ、じゃんけん。

・マナーを守って対戦をしてください。回線切れは両者話し合いの上、勝者を決めてください。再現しないとわからない場合は再現。 

・大会終了までは型バレになるようなツイートを控えてください。

 

[参加者リスト](五十音順。敬称略。)()内はTN

アリス・いっちー(ベクセル)・芋けんぴ(rin)・エムシ・kaga・カメ・きしもん・ギンガ・kura・こgya・翔・ジャック・シンク・すずめ・ソラ(ファミチキ♪)・タチタキ・たんの・ナカ・nepia(シュウヘイ)・ばべる・パワッチョ・ぺーすん・ポッケ・ポテト・まくまく・もみじ・やき♡にく・ユウ・ゆゆ・夜文・らいと(Petra)・ロイ・ロクベル・ロチャック

現時点での仮登録なので、ご都合つかなくなった方は私の方までご一報ください。

 それと私まで連絡したのに、入ってないという方はお手数ですが、もう一度ご連絡ください。

 

この機会にみんなでラグラージの良さを知りましょう!優勝景品のラグラージ目指してがんばってください!

では、よろしくお願いします。

ポケセン杯優勝構築

しろねこです。

 

久々にブログに書くネタができたので、書きたいと思います。

 

今日はポケセン杯という大会に出てきました。結果から言うと、

ポケセン東京店内1位(25勝2負)

1位トーナメント優勝(3勝)

という結果を残すことができました。自分でもまさかこんな結果を出せるなんて思ってなかったので、本当にびっくりしています。

 

これから今回のルールでの大会はなさそうなので、何かの役には立たないですが、記念に構築紹介させてください。

 

脱出壁構築です。

 

ニャオニクス@脱出ボタン HBベース

あくび/しんぴのまもり/リフレクター/ひかりのかべ

クレッフィダークライ意識のしんぴのまもりがかなり活躍してくれました。壁脱出ボタンからガルーラゼルネアスがひたすら積んで殴る。強い。

 

ゼルネアス@パワフルハーブ HCS調整

ムーンフォース/サイコショック/ジオコントロール/みがわり

文句なしのMVPです。壁からのジオコンみがわりis最強。特殊技じゃあほぼ壊れません。このみがわりがあったおかげで勝てた試合が決勝含めめちゃめちゃ多かった。リフも張っておけばつらいハッサムクチートとかにも勝てたり勝てなかったり。この枠はダークライミュウツーから変更してよかったです。

 

ガルーラ@メガ石 ASぶっぱ

やつあたり/じしん/グロウパンチ/ふいうち

強いです。壁下でグロパンしてやつあたりしてるだけで相手が吹っ飛んできます。特になんの変哲もないガルーラなので省略です。

 

なんと適当な紹介でしょうか()

強いしか言ってないですが、実際この構築はかなり強かったです。1位トーナメント決勝でも壁脱出ミラーになりました。勝ち数を稼ぐ必要がある今回のルールには向いていたと思います。レートでもゼルネアスを使いたい

 

決勝BV

NPNG-WWWW-WWW8-2BEA

 

最後に。

会場で最後まで応援してくださった方々。本当に心強かったです。ありがとうございました。

twitterでもたくさんの祝福ありがとうございました。

今回の結果には大満足です。レートの方もマイペースに、それなりにがんばっていきたいと思います。

 

 今日は疲れたのでこのへんで失礼します。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

ちいさくなるを対策する~使用者の目線から~

こんにちは。しろねこです。 

 

今回は、シーズン3で使っていたちいさくなループ(詳しくは前回記事参照http://sironeko-pokemon.hatenablog.com/entry/2014/04/30/171700)対策と私のそれに対する考えという形で書かせていただきます。文字にすることで、自分の中で整理したいなあと思ったので、自分用メモも兼ねてます。

 

使っていた側からの目線でちいさくなる対策を書いていきますので、「ちいさくなる」に苦しめられている方がいらっしゃったら、少しでも参考になればと思います。また、普段レートで活躍されている方々にとって特に目新しいことを書くわけではないので、出会ったらどうするか、再確認用にお使いください。

 

f:id:sironeko-pokemon:20140430145508g:plainf:id:sironeko-pokemon:20140430145710g:plainf:id:sironeko-pokemon:20140430145556g:plain

 

ちいさくなるポケモンはまだまだいますが、今回は使っていたこの3体の並びを念頭に置きながら書いていきます。

ピクシー、シャンデラ対策は同じちいさくなるとは言ってもかなり異なるのですが、今回の記事では同じ対策で通用するものの紹介です。

 

①豪運

完璧な対策。これさえあれば、全く怖くありません。麻痺と混乱を華麗に突破し、すべての攻撃を当て続けることができる運の持ち主であれば、これといってちいさくなる対策は必要ありません。何度かこの持ち主と出会い、そのたびに僕のタッチペンが飛びました。

 

②ほえる(バンギラスカバルドンetc)

後攻になるものの相手のポケモンを強制的に流せる必中技。いくらちいさくなるを積まれようが関係ありません。ステロが撒かれて、ほえられているだけでこの並びは壊滅します。だからボルトロスには挑発が欲しい(ストーンエッジを受けながら)

こちらはこのようなポケモンの気配を感じたら、ラス1ちいさくなるポケモンにする立ち回りをします。しかしこの立ち回りをすると、TODで負けることがあるのであまりしたくありません。

 

③でんじは無効及び地面技・鋼技・毒技などの高火力弱点技持ち(ドリュウズランドロスetc)

このようなポケモンが見せ合いにいると、立ち回りに気を遣いますし、こちらは安定しないので相当つらいです。これらのポケモンを起点にするにはボルトのいばるから繋ぐしか方法がなく、ちいさくなる側が1発もしくは2発で倒されるようだとちいさくなり切る前に高火力技を当てられ沈むので起点化は厳しいです。きついのはドリュウズ、珠ランドロス。特に型破りドリュウズは、こちらがいばると、天然貫通で攻撃力が2倍になるので全くちいさくなるの起点にできません。しかしガブは基本ピクシーの起点になります。(どくまもはNG)

ドリュウズはいばるで殴りまくって倒してます 

 

④挑発(ファイアローサーナイトエルフーンetc)

半対策。(エルフーンであれば、かなり良い線行ってます)

上から挑発を当てることができれば、ピクシーシャンデラは半機能停止です。ただし1度でも積む隙を与えると、挑発は普通に外れます。挑発を当てるまで、ちいさくなり続けられると試合が終わる可能性もあります。

注意点として、挑発を当てても、シャンデラはC種族値145ということで無振りでも結構な威力が出ます。低耐久ポケモンだと素で押し負けるかもしれません。これらのポケモンには僕はでんじはを当てに行きます。エルフーンはBが足りないので、Sはボルトロス抜きにしない方が強いと思います。しないでくださいお願いします

 

⑤滅びの歌(ゲンガー、ニョロトノetc)

最悪です。せっかく積んだのに、交代せざるを得ません。しかしゲンガーからは逃げられない(ピクシーのみ)。ピクシーに滅びを打たれると僕は負けます。シャンデラは逃げられますが、一旦流せるのでシャンデラ対策としても悪くないと思います。というわけでゲンガナンスの並びを見たら、僕は号泣します。ただし滅びさえ持っていなければ、ゲンガーも麻痺込みで起点にできる可能性はあります。でも挑発もだめよ。

 

⑥トリック(トゲキッスロトム、エーフィetc)

挑発と同じくこれは不完全な対策。ちいさくなられるとトリックも普通に外れます。こちらはトリックを持っている顔をしたポケモンが出てきたら、状況によりますが、引いたり、ちいさくなって突っ張ります。また多くてもトリック持ちは1パーティーに1体でしょう。ピクシーとシャンデラ2体に渡すことはできません。シャンデラにはみがわりもありますしね。

 

⑦必中技(カイリューハッサムetc)

ちいさくなる対策としては良いのですが、レートで勝つことを考えると採用したくない技かもしれません。ちいさくなる個体数が今より増えれば採用価値が上がりますが、それよりはほかの技を入れてほかのパーティをメタった方がレートは上がりそうな気もします。ちなみに出会ったつばめがえしカイリューには2回中2回負けました。

 

 

さて、ここまで7つほど対策を書いてきましたが、簡単に思い出せたところだけので、まだまだ辛いポケモンはいますし、対策方法はあると思います。これらの中からできれば複数忍ばせておくと、ちいさくなる対策として十分機能するのではないでしょうか。

ピクシー・シャンデラ対策も個別に書こうと思いましたが、存外に長くなってしまったので、また別の機会に書きたいと思います。

 

自分が使っているパーティなのに、対策なんて書いちゃって大丈夫かよと思われるかもしれませんが、こちらも対策の対策を考えて動きます(対策できるとは言っていない)。

正直なところ今回書いたことは、冒頭に述べた通り、当たり前のことかもしれません。これを読んでいる人と当たることってあるのかな(不安)

個体数が増えて、対策されたなあと感じたらパーティを変えます。そして個体数が減って、対策が切られたころにまた使おうかななんて。

環境はいたちごっこな側面もありますよね。

 

それでは、今回はこの辺りで失礼します。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。